星野源アイデアの歌詞にある中指の意味は深すぎる?意味と考察を紹介!

星野源 アイデア 歌詞 中指

星野源の人気曲『アイデア』の歌詞についてや『中指』の意味や考察を詳しくご紹介していきます。

 

アイデアは、NHK連続テレビ小説『半分、青い』の主題歌に起用され、たちまち話題になるとオリコンのデイリー史上最高売上を記録しました。

 

という事でお馴染みの曲となったアイデアですが、メロディーもさることながら歌詞が深かったり、意味がストレートではない所もあるんですよね!

 

その中でも気になっている方が多い歌詞が”中指”とはなにを指しているのか。

 

星野源のアイデアの歌詞、”中指”の意味や考察を知りたい方はお見逃しなく!

スポンサーリンク

星野源『アイデア』の概要

2018年8月20日にリリースされたアイデアは、発売日の8月20日にオリコンデイリーデジタルシングルランキングで、10万ダウンロードを売り上げデイリーで1位を記録しました。

 

NHK連続ドラマ小説『半分、青い』の主題歌にも使われており話題になっていましたが、フルバージョンの配信が開始されるまで期間があったので、フルバージョンで明らかになった2番以降の歌詞なども、称賛と反響が大きかったんですよね!

 

こちらのアイデアは5分間と長めですが、綿密に計算された歌詞とメロディーは、まるで1曲の中に2つ以上の曲が含まれているような感覚になると言われています。

 

まさに、アイデアの中にはアイデアが詰め込まれているんですね!

 

それでは、次にアイデアの歌詞にもある『中指』の意味について、意味や考察をご紹介します。

スポンサーリンク

星野源『アイデア』の歌詞や中指の意味・考察は?

星野源のアイデアに使われている歌詞、『にこやかに 中指』はどういう意味なのでしょうか。

 

まずはその歌詞が登場する前後の歌詞と曲を見てみましょう。

歌詞だけを見ても星野源の気持ちが込められているのが伝わります。

 

1番の歌詞には明るい言葉が並び、NHK朝ドラマにも使われているだけありポジティブな内容になっているんですよね。

 

この1番の歌詞については、星野源が自身の陽の部分で自分を表現したと語っています。

 

そして“中指”が使われている2番の歌詞です。

 

まず話題となったのが、8月20日に配信されたフルバージョンの解禁からだったんですよね!

 

というのもNHKといえば民放よりも厳格なイメージですし、しかもNHKの朝ドラは超人気番組ですからより徹底的に気にするはずなのに、アイデアの2番の歌詞には『にこやか 中指』でした。

 

こちらは陽から陰のパートになっていますが、葛藤や闇の部分が感じられます。

 

そして中指をというのは、ほぼ間違いなくFu〇kになるでしょう。

 

ただ、思いっきり世界に対してキレた状態での表現ではなく、にこやかにですから、”あっかんべー”のような想像もできますよね!

 

5分のストーリーには起承転結が使われていて、最後はハッピーエンドで終わるのが星野源の構成の根底になっています。

 

その中でこの歌詞をチョイスするあたりが素晴らしいんですよね!

 

しかもNHKの朝ドラに使われるのにですよ!

 

また、もう一つは、空に突き上げた手の中で、一番空に近い身体は『中指』になるという解釈です。

 

ただし、これまでの星野源が使う言い回しから考えると、この説は優しすぎると思います。

 

直接的な英語ではなく、少しだけマイルドにしながらも、言いたい事をハッキリと伝えているんですよね!

 

さて、PVでは実際に中指を立てながら歌ったりはしていませんが、ライブでは話は変わります、

 

どのように身体でも表現するのでしょうか。

 

また、同じようにファンのポーズも気になります。

 

もしかしたら星野源から歌詞の部分についての説明があるかもしれませんよね笑

スポンサーリンク

星野源『アイデア』の歌詞や中指の口コミ・意見

スポンサーリンク

星野源『アイデア』の歌詞や中指のまとめ

今回は星野源の楽曲『アイデア』の歌詞や、“中指”についての意味や考察をまとめていきました。

 

NHKの朝ドラにも使われる曲ですから歌詞についても厳格な審査のようなものがある事は想像できます。

 

たしかに主題歌として使われているのは1番なので、曲全体の構成では陽の部分にあたりますが、フルバージョンが解禁されると陰の部分があまりにも刺激的な内容だったんですよね!

 

大丈夫なのかな?と感じた方も多いのと同じように、このような表現方法や、攻めの姿勢に対する称賛の声も聞こえています。

 

また、楽曲には人を勇気づける強い力がありますよね。

 

辛い時も、にこやかに中指を立てるぐらいの余裕を持つ。

 

というようなバイブルになる表現には、仕事でのストレスや悲しいことがあった時に最高の心の支えになりますよね。

 

最後は気持ちよくストーリーを終える“アイデア”は文字通り多くのアイデアが詰まった一曲になっているんです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『全ての物事に興味を持つ』をモットーに為になる情報を発信しているコピーライターです。アニメや映画・ゲームからモータースポーツにも興味があり、全てのジャンルで奥深さを痛感しています。そして皆さんと共有する事が喜びの1つでもあるので、より積極的に活動を広げていきたいです。