貴乃花の息子花田優一は靴職人というのはうそだった?

貴乃花 息子 靴職人 うそ

貴乃花の息子である『花田優一』の靴職人について、”うそ”だったのか真相など詳しくご紹介していきます。

 

ここ1年ほどメディアに登場する機会も増えてきた花田優一ですが、靴職人としての実力はどうなのでしょうか?

 

こちらは気になっている方も多いと思いますので、詳しくまとめちゃいました!

 

貴乃花の息子『花田優一』の靴職人としての実力や噂・うそなど詳しく知りたい方はお見逃しなく!

スポンサーリンク

貴乃花の息子『花田優一』のプロフィール

  • 生年月日:1995年9月27日
  • 出身地:日本・東京都
  • 最終学歴:青山学院中等部・高等部卒業
  • 父:貴乃花光司
  • 母:河野景子

 

父は元横綱の貴乃花で、父を合わせて親族に3人もの横綱がいます。

 

しかし、本人曰く父親に一度も相撲をやれと言われたことはなく、中学を卒業した15歳で単身アメリカに留学する事を決意しました。

 

現在は、タレント活動にも力を入れており、自身がメインパーソナリティーを務める『花田優一 FirstStep』というラジオ番組をレギュラーとして持っています。

 

親の七光りを感じさせない筋の通った姿勢と、クリエイティブな才能を併せ持ち、数々の人を魅了しているんですね。

スポンサーリンク

貴乃花の息子『花田優一』は靴職人はうそ?

芸能活動を始めた事をきっかけに、メディアにも取り上げられる回数が増えてきた花田優一ですが、一方で靴職人というのは”うそ”なんじゃないか?

 

他にも靴職人をやっていても実力は”無い”のではという声も挙がっているんです。

 

本当はどうなんでしょうか。

 

花田優一が歩んできた流れや、実際の実力について検証していきます。

 

真相 花田優一の実力

革の本場であるイタリアで修行を積み重ね、主に東京で『YUICHI HANADA』というブランドを展開されています。

 

店舗では無いようですが、実際に靴はオーダーメイドで1足15万\ほどの商品があるようです。

 

金額は1からサイズを測るオーダーメイドの靴職人の中では普通ぐらいの設定のようですが、気になるのは実際の品質ですよね。

 

これは実際に靴をプレゼントされた方達の生の声が一番良いかと思います。

 

もちろんそれ以外にも、番組の中で靴を作る工程をスムーズに独自の拘りを織り込みつつ行う姿に、嘘偽りは感じられません。

 

貴乃花の息子『花田優一』さんまも大絶賛

ある番組で花田優一が明石家さんまにオーダーメイドの靴をプレゼントした時の話ですが、『一生履ける靴』を、さんまの希望通りに『ジーンズにもピッタリ』合うようなデザインも兼ね備えていました。

 

この時のネットの反響も『カッコ良すぎる!』や『自分も欲しい』という声が多数あったんですよね!

 

  • 一生履ける靴
  • 軽くて丈夫で品質が最高級
  • サイズはピッタリ
  • そしてどの店にも絶対にない靴

 

これらを完璧に仕上げてみせた花田優一を、プレゼントされた”さんま”は大絶賛でした。

スポンサーリンク

貴乃花の息子『花田優一』への視聴者の反応・口コミ

メディアに出る事でメリット・デメリットが多いと思いますが、誤解していた方も花田優一の生きざまや、しっかりした人間性をみて興味を持った方が増えていると思います。

 

クリエイティブな靴職人としての信念などを語る姿はまさに貴乃花のような武道を感じますし、男らしくて魅力的ですよね!

 

これからも更なる活躍を期待している方も多いので、バラエティ番組などもう少し露出が増えてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

貴乃花の息子『花田優一』靴職人はうそ?まとめ

今回は貴乃花の息子である『花田優一』は靴職人というのはうそなのかについてまとめていきました。

 

結果はしっかりと一流の腕前で靴職人としての活動をされており、実績・評判ともに上々なんですね。

 

この靴職人という、貴乃花とは違ったクリエイティブな職業ですが、拘りを強く持っているので更に磨きの掛かった、また職人として日本を代表する方になるような気がしちゃいますよね!

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『全ての物事に興味を持つ』をモットーに為になる情報を発信しているコピーライターです。アニメや映画・ゲームからモータースポーツにも興味があり、全てのジャンルで奥深さを痛感しています。そして皆さんと共有する事が喜びの1つでもあるので、より積極的に活動を広げていきたいです。