宮根誠司と川田アナ手つなぎ真相は熱愛?放送事故も

宮根 川田 手つなぎ 真相

宮根誠司と川田裕美アナウンサーの手つなぎ真相や放送事故についてもご紹介していきます。

 

お昼の帯番組として人気の『ミヤネ屋』では生放送番組という事もあり、カットが無いので編集する事が出来ませんよね。

 

そんなある日の生放送で、川田アナと宮根誠司がこっそりと手をつないでいると話題になりました。

 

宮根誠司と川田アナの手つなぎ真相と、ミヤネ屋で起きた放送事故も含めて知りたい方はお見逃しなく!

スポンサーリンク

宮根誠司のプロフィール

宮根 川田 手つなぎ 真相

出典元:https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1614433/

  • 出身地:島根県大田市
  • 生年月日:1963年4月27日
  • 血液型:B型
  • 最終学歴:関西大学経済学部
  • 配偶者:あり

 

フリーアナウンサーでタレントとして活動しており、昼の情報番組『ミヤネ屋』でMCを務めているので、昼の顔としても有名ですよね。

 

色々な事に挑戦する姿もみられ、プロレスデビューをしたり、細マッチョになる為に筋トレをしてバキバキになった姿も披露しました。

 

そんな、宮根誠司には、かくしごがいるという噂が広がり、さらに本人がハッキリとそれについて答えているんです。

 

宮根誠司には『かくしご』がいる?

宮根誠司は、出版社に勤務している妻がいるのですが、結婚していながらも”ホステス女性”の方との間に”かくしご”がいる事を認めています。

 

2006年に現在の妻と再婚をした宮根誠司でしたが、それ以前に付き合っていたホステスの女性から一本の電話が鳴り、会話の内容は”妊娠”している事を告げられたんですね。

 

そして、新婚ホヤホヤであった宮根誠司は、妻に1カ月間かくしごの事を話さなかったそうです。

 

ですが、自分の立場もそうですし黙っていても悪いと思った宮根誠司は妻に告白したところ妻の返答に驚きました。

 

『中絶をさせなかったことは正解や。あとはあなたの出来る範囲で責任と果たしなさい』と。

 

これってとんでもなく良妻賢母ですよね!

 

宮根誠司はこの半端じゃなく広い器の妻によって支えられているからこそ、芸能界でも活躍出来ているのでしょう。

スポンサーリンク

川田裕美アナウンサーのプロフィール

  • 愛称:かわちゃん,ブタマン
  • 出身地:大阪府大津市
  • 生年月日:1983年6月22日
  • 血液型:B型
  • 最終学歴:和歌山大学経済学部
  • 事務所:セント・フォース

 

色々な番組で活躍しているフリーアナウンサーを多く抱えるセント・フォースにはミヤネ屋を卒業した2015年から所属しており、ミヤネ屋には2011年に産休で降板する事となった、森若左紀子の後任司会として担当し、それから4年間レギュラー出演していました。

 

また、トレードマークは”運動音痴”というぐらいで、スキップが上手く出来ず、なおかつ不思議なスキップなので、バラエティ番組でよくイジられていますよね!

 

笑顔がとっても可愛く、フルーツやあんこが好きな一面もある川田裕美は、視聴者や業界からも一定の評価を受けています。

スポンサーリンク

宮根と川田の手つなぎ真相

宮根 川田 手つなぎ 真相

出典元:http://citizen-journal.link/miyaneseiji/

ミヤネ屋は生放送なので、カットしたり出来ないのに、収録中に手をつなぐなんて、どんだけ我慢出来ないんだ!

 

そんなスリルが楽しいのかな?(〃艸〃)

 

なんて思っていたのですが、『これは誰かの勝手な妄想』でした。

 

確かに画像だけではそのように見えても不思議ではありませんが、実際には番組のフリップを手で剥がした宮根誠司の手にある紙を、川田裕美が”そっと受け取った”連携プレーだったのです。

 

他にも多くの画像が見つかりますが、全てそのタイミングでしたので、間違いないですね!

 

これは、過去にみのもんたがMCを務める”朝ズバ”ッで、女子アナが手を振り払っているように見える映像が出た事もあったので、そのような噂がひろがった可能性を感じます。

 

宮根誠司『ミヤネ屋の放送事故』動画一覧

逮捕直前に宮根誠司とASKAの電話対談

覚せい剤で逮捕される前に、ASKAと宮根誠司が電話で対談した時の動画です。

 

この対談のあと間もなく逮捕されるわけですが、覚せい剤を常用していると、これほどまでに支離滅裂な思考になってしまうんだと、改めて怖さが知れ渡りました。

 

ミヤネ屋での放送事故に入るかというよりも、ASKAが放送事故ギリギリレベルだと感じたので、入れてみました。

 

宮根誠司がモニターの切り替わりが遅れてキレる

列島各地のゲリラ雷雨の映像を見ている時に、通常ならば映像が所でスムーズに切り替わらないと、宮根誠司は液晶モニターを”手でたたく”行為に走りました。

 

これには、ネットも騒然となり、元々黒い噂の多い宮根誠司には”スタッフ恫喝”などの噂が更に拡大する事態に。

 

そして、この放送の後宮根誠司が夏休み期間でミヤネ屋を休むと視聴者からは、宮根誠司が居ない時の方が”場の空気が良い”や”このまま宮根は戻らなくて良い”などと不要論の声が上がりました。

 

音声が繰り返される怖い放送事故

ミヤネ屋の収録中、NEWS24のブレイキングニュースに切り替わる時に、なぜか宮根誠司が発した『ちょっとこちらのニュース見てみましょうか』というフレーズがリピートされ続けるという奇妙な放送事故です。

 

機材トラブルなのか、人為的ミスなのかわかっていませんが、結構怖い放送事故に入ると思います。

スポンサーリンク

宮根誠司と川田裕美アナウンサーの手つなぎ真相のまとめ

ミヤネ屋での、宮根と川田アナの手つなぎは本物なのかについて真相はいかがだったでしょうか。

 

実際には”シロ”でした

 

これは放送中にめくるテロップの剥がした紙を隠し持っている宮根誠司に対して、川田裕美が自然と回収していた連携プレーだったんですよね!

 

この連携プレーもあってこその成り立っている番組だという事です。

 

また、4年間務めたミヤネ屋は既に辞めてしまっているので、もう一度見る事は出来ませんが、ますます活躍をしていってほしいところですね!

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『全ての物事に興味を持つ』をモットーに為になる情報を発信しているコピーライターです。アニメや映画・ゲームからモータースポーツにも興味があり、全てのジャンルで奥深さを痛感しています。そして皆さんと共有する事が喜びの1つでもあるので、より積極的に活動を広げていきたいです。