カメラを止めるな上映館名古屋・静岡はどこ?

カメラを止めるな 上映館 名古屋 静岡

映画『カメラを止めるな!』が観れる上映館を名古屋や静岡など東海地方で詳しくすると共に、ネタバレ無しで映画の紹介をしていきます!

 

2018年の夏に一躍有名になったカメラを止めるな!は、上田慎一郎監督が指揮を執り、制作費250万円という低予算にも関わらず、実際にみた視聴者からの評価が高い映画に仕上がりました。

 

また、その他の大作映画とは違い計画するのがオススメです!

 

カメラを止めるな!の上映館を知りたい名古屋・静岡の方と東海地方の方は参考にしてみてくださいね!

 

ちなみにカメラを止めるな!東海地方以外での鑑賞を考えている方は下記に詳しく記載してあります。

>>カメラを止めるな!関東地方にお住まいの方へ劇場一覧

>> カメラを止めるな!北海道・東北地方にお住まいの方へ劇場一覧

>>カメラを止めるな!近畿地方にお住まいの方へ劇場一覧

>>カメラを止めるな!九州地方にお住まいの方へ劇場一覧

スポンサーリンク

カメラを止めるな!とは


とある短編ゾンビ映画を自主制作する為に、ロケ地へと出向いていた撮影隊が作業を行っていると、そこに本物のゾンビが襲来しました。

 

そんな最中、本物のゾンビが襲来した事に大喜びする監督は撮影を続行。

 

出演者が次々とゾンビ化していくがそれからどうなってしまうのか。

 

という話の流れになっていて、作品紹介ではこのような紹介ですが、実際に観た視聴者の感想には、”涙を流した”という意見や、”面白かった!”という意見が絶えず、とても作り込まれた作品になっています。

 

また、監督の上田慎一郎が出演者を選考する時の条件を”ポンコツな人”で決めたと語っており、無名な役者のお陰で全く展開が読めないという相乗効果も生んでいるんですね。

 

出演している女優やキャストがもっと詳しく知りたい方はこちらを参考に!

>>斧を持った女優は?キャストを知りたい方はこちら

スポンサーリンク

カメラを止めるな!東海地方の上映館・上映日は?

2018年6月23日に公開された”カメラを止めるな!”は話題が話題を呼び、40館以上で拡大公開が決まった映画作品です。

 

とは言っても全ての映画館で観る事は出来ないので、東海地方にお住まいの方は以下を参考にしてみてください。

 

ちなみにこちらは公式のアナウンス通りなので、確実に観る事が出来ますよ!

 

カメラを止めるな!静岡県の上映館

都道府県 上映館 上映日
静岡県 静岡東宝会館 8月17日~
静岡県 TOHOシネマズ ららぽーと 8月10日~
静岡県 シネマプラザサントムーン 8月10日~

 

カメラを止めるな!愛知県(名古屋)の上映館

都道府県 上映館 上映日
愛知県(名古屋) TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ 8月3日~
愛知県 シネマスコーレ 上映中
愛知県 TOHOシネマズ 赤池 8月17日~
愛知県 イオンシネマ豊田KiTARA 8月17日~
愛知県(名古屋) ミッドランドシネマ名古屋空港 8月17日~
愛知県 ユナイテッド・シネマ 岡崎 8月17日~
愛知県 ユナイテッド・シネマ 豊橋18 8月24日~

 

カメラを止めるな!岐阜県の上映館

都道府県 上映館 上映日
岐阜県 TOHOシネマズ モレラ岐阜 8月3日~

 

カメラを止めるな!三重県の上映館

都道府県 上映館 上映日
三重県 イオンシネマ津 9月28日~
三重県 イオンシネマ東員 8月24日~
スポンサーリンク

カメラを止めるな!を実際にみた視聴者の感想・口コミ

面白いという意見が多く、ゾンビ映画に感動を覚えるほどの作品です。

 

また、映画は2度みても面白い作品もありますが、カメラを止めるな!も何度観ても楽しめる作品なんですよね!

スポンサーリンク

カメラを止めるな!上映館は?名古屋・静岡(東海地方)まとめ

カメラを止めるな!の上映館を東海地方限定で紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

 

こちらの映画は話題になってから上映館が全国で拡大公開になった作品です。

 

ですが、40館以上での拡大上映になるので、何処にでもある映画館で必ず観れるという訳では無いんですよね!

 

なのでカメラを止めるな!を東海地方で観る方はこちらを参考にして頂ければ間違いないので、是非参考にしてください。

 

また、あらすじやネタバレを知りたい方はこちらで詳しくまとめています。

>>カメラを止めるな!あらすじ・ネタバレありで知りたい方はこちら

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『全ての物事に興味を持つ』をモットーに為になる情報を発信しているコピーライターです。アニメや映画・ゲームからモータースポーツにも興味があり、全てのジャンルで奥深さを痛感しています。そして皆さんと共有する事が喜びの1つでもあるので、より積極的に活動を広げていきたいです。