ムカデ人間2ネタバレ結末マーティンのラストは必見!

ムカデ人間2 ネタバレ 結末

映画ムカデ人間2の出演キャストやあらすじ・結末のネタバレと視聴者の感想を含め詳しくご紹介します!

 

2011年に日本中を震撼されたと言われている映画史上最もヤバい作品、ムカデ人間2は

 

スプラッター映画好きには堪らない作品に仕上がっています。

 

ムカデ人間2のネタバレ・結末や出演キャストを詳しく知りたい方はお見逃しなく!

あや
トム・シックス監督の描く映画は、露骨にグロさがあり、マニアにとっては堪らない作品作りです。
ネタバレがOKな人は是非ご覧下さい♪
スポンサーリンク

ムカデ人間2の内容・ストーリーのネタバレ

知的障害を持つ小柄な男マーティン

マーティンはロンドンの地下駐車場で夜間警備員として働きながら、母親とペットのムカデの2人と一匹で暮らしていました。

 

そんな中、ムカデ人間のDVD何度も何度も鑑賞しているうちに、自分自身がムカデ人間を作ってみたいという欲望にかきたてられます。

 

マーティンは人を襲い監禁させる

 

ムカデ人間を作りたいという欲望を満たす為に、マーティンは夜の地下駐車場に来た人々を、月々と拳銃やバールで気絶させ、拉致監禁をする事に成功する。

 

その中には、オーディションと偽って実際の映画に出演していた女優アシュリン・イェニーも誘い出し誘拐します。

 

ムカデ人間作りのスタート

女優のアシュリン・イェニーを含めた男女12人の肉体を切り刻み、ホチキスで乱暴に接合し、両手両足はガムテープで拘束。

 

気に入らない相手は無造作に殺し、自分だけのムカデ人間を作り始める狂ったマーティンは既に猟奇的で恐ろしい残酷非道の殺人者になっていました。

 

余りにも残虐でムカデ人間への執着が強いマーティン

マーティンによる拷問で体が耐えられなかった為、人数が減ってしまい、予定より少ない10人になったものの、ムカデ人間要員の人間が繋がった姿をみたマーティンには讃歌が聞こえます。

 

執着と執念が実った為に起こりました。

 

ムカデ人間を丸くし、手鏡で1人1人に見せていきます。

 

ムカデの戦闘で女優のアシュリンの前に缶詰を置きますが、手で払いのけられてしまうと、マーティンはシュリンの喉の奥までホースを突っ込みミルクを胃に直接流し込みます。

 

こうして残虐非道なマーティン劇場が進んでいきます。

スポンサーリンク

ムカデ人間2の結末ネタバレ

ムカデ人間2あらすじの結末ネタバレ

ムカデ人間たちに逃げ出すチャンスが

その頃死んだと思われていた妊婦が蘇生していました。

 

しかし、この最悪のタイミングで破水した女性は、悲鳴をあげながら必死に外へ走りベンツに乗り込みます。

 

マーティンも急いで追いかけ、妊婦はエンジンがうまく掛からず、いきんだ拍子に出産してしまいます。

 

その赤子はへその緒が繋がったまま、アクセルの下に落ち、妊婦の女は赤子を無視してアクセルを押し込み車を発進させました。

 

マーティンがいなくなってる間に10人のムカデは5体×2に分裂しています。

 

前方の5人はアシュリンを先頭に電気のスイッチを消し、戻ってきたマーティンが電気を付け直すと、アシュリンはムカデ入りの水槽をマーティンに投げつけました。

 

狂ったマーティンは誰も止められない

微かな望みも敵わず、ムカデ人間たちは次々とマーティンに銃で殺されます。

 

弾が無くなると次はノコギリを使い斬殺。

 

残ったのはアシュリンただ1人になりました。

 

すすり泣くアシュリンに執着があるマーティンは躊躇し、その隙を付いたアシュリンはマーティンの股間を殴り、痛みで悶えるマーティンの肛門に漏斗(じょうご)を差し込み、ムカデを体内に入れます。

 

マーティンは苦しみながらもアシュリの首を刺し、アシュリンは息絶える。

 

ムカデが体内に入ったマーティンは腹を押さえながら倉庫を出るとエンドクレジットが流れます。

 

実はこの一連の行動や描写は全て、マーティンの妄想。

 

精神異常者のマーティンが愛用のDVDを何度も何度も見ているうちに作り上げた、細かく、尋常では無いほど恐ろしい妄想に浸っていたのでした。

 

しかし、駐車場には赤ん坊の鳴き声が響き渡ります。

 

マーティンはムカデ人間を作る時に妊婦をさらい、その家族の夫は殺害、車に赤ん坊を置いていました。

 

キャスト・俳優の結末ネタバレ

アシュリン・イェニー

ムカデ人間2 ネタバレ 結末
マーティンに撮影だと騙され、ムカデ人間の先頭にされてしまったアシュリンですが、怒らせたマーティンに、漏斗とホースを用意されると、アシュリンは喉に突っ込まれ無理やりミルクを胃に流し込まれます。

 

抵抗すると更に舌をペンチで抜かれてしまいました。

 

最終的にアシュリンだけが残ると、マーティンは一瞬アシュリンを殺す事に躊躇します。

隙を付いたアシュリンはマーティンの股間を殴り、痛みで怯んだマーティンの肛門に漏斗とホースを差し込み、ムカデを流し込みました。

 

しかし、反撃もそこまで、腹にムカデが入ったマーティンに首を刺され息絶えてしまいます。

 

マーティンの母

マーティンと一緒に死にたいと常に言っていた母は、ある夜包丁を持ちマーティンを襲いますが、予測していたマーティンに回避されてしまいます。

 

母は手首を切りますが、マーティンの大切にしていた、ムカデ人間のアルバムをビリビリに破くと、白衣に着替えたマーティンは母を飼っていたムカデの水槽に入れ噛ませ、痛がる母の頭部をバールで何回も殴り続け殺しました。

 

マーティンの結末ネタバレ

物語りのラストに何事も無かったかのように、大好きなムカデ人間の映画を鑑賞しているシーンに戻る、今作の物語りは全てがマーティンの妄想による物だったという流れになっています。

 

冒頭に1作目のラストシーンがあって、その映像をみていたマーティンが巻き戻しをする。

 

完全に巻き戻って始まる瞬間からマーティンの壮大な妄想は始まっていたというのが正しいと言われています。

 

ムカデ人間3で繋がっているかと思いましたが、マーティンの妄想だったのか、については触れられていないので、妄想というのが自然です。

 

マーティンは母親や身の回りの人間に、煙たがられ、妄想の中だけは最高な自分を確立する事が出来た。

 

逆を言えばマーティンは妄想の中でしか。。なのでしょうね。

あや
医者でもなんでもない男によって、くっ付けられていくムカデ人間の犠牲者の数が増えていくことで、過激さや残酷さが尋常ではないレベルで増幅されています。
ラストの妄想という描写には賛否両論がありますが、グロ要素が多い分ラスト妄想で救われるような気持ちになった人も少なく無い筈ですよね(^_-)-☆
スポンサーリンク

ムカデ人間2結末ネタバレの感想


あや
全編モノクロで、際立つ主人公のキャラクターの表現は、ある意味見るものを虜にしてしまいます。
キャラが立っていて、精神異常者の主人公を楽しむ方々も多いようですね
れいな
SAWシリーズや初代ムカデ人間が好みの方には絶品の作品なのかもしれません。
1との違いは、主人公が医療の知識が全くなく、殴って麻酔をしたり、ホチキスで接合したりと、無知が故に、無茶苦茶な部分です。
勿論そこだけではなく、キャラの立った主人公も見物ですよ!!
スポンサーリンク

ムカデ人間2ネタバレ・結末のまとめ


最終的には妄想という結末で幕を閉じる、ムカデ人間2の感想は、賛否両論分かれる作品になっています。

 

ムカデ人間シリーズ(1~3)の中でもダントツでグロテスクな表現が多いですが、上映する時にもギリギリな作品だったんですよね!

 

グロテスクや猟奇的、サイコパスで狂った主人公のマーティンは見物で、グロ過ぎるからこそ、結末の妄想だったんだという表現で、良かったと思えるような作品です。

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『全ての物事に興味を持つ』をモットーに為になる情報を発信しているコピーライターです。アニメや映画・ゲームからモータースポーツにも興味があり、全てのジャンルで奥深さを痛感しています。そして皆さんと共有する事が喜びの1つでもあるので、より積極的に活動を広げていきたいです。