ウィルタネン彗星10年に1度の地球最接近2018年12月!

2018年12月に10年に1度、最接近する『ウィルタネン彗星(ワータネン彗星)』や観測方法などをわかりやすくご紹介します。

 

この、『ウィルタネン彗星(ワータネン彗星)』は1948年に発見された歴史ある”彗星”で、ベストな観測条件がなかなか整わないことでも有名です。

 

しかし2018年12月に訪れる絶好のチャンスは前後100年でみても見当たらず『発見以来、最高の観測条件が到来します。

 

一生に一度見れるか見れないかの好条件なんて、宇宙の神秘を感じずにはいられません。

 

ウィルタネン彗星が地球最接近する詳しい解説を知りたい方はお見逃しなく!!

スポンサーリンク

ウィルタネン彗星(ワータネン彗星)とは

サッカー部 彼氏 あるある

1948年にアメリカ・カリフォルニア州のリック天文台の天文学者である”カール・ワータネンが発見した彗星で、周期5.4年の周期彗星です。

 

現在はウィタネン彗星の他に、『ワータネン彗星』とも言われています。

 

発見した時は、16等級だったため、短周期彗星とわかるまでに1年かかったそうです。

 

この彗星には、ヨーロッパ宇宙機関が”探査機ロゼット“を使い、2003年の打ち上げから2011年にウィルタネン彗星へと着陸させる計画でしたが、2002年のアリアン5ロケット爆破事故で打ち上げが延期した影響で、ウィルタネン彗星からチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に変更されました。

 

ウィルタネン彗星の地球最接近は12月16日

酵水素328選生サプリメント 口コミ 効果

ウィルタネン彗星の地球最接近は『12月16日』に最接近します。

 

距離は約0.078天文単位だそうで、この天文単位とは地球と太陽の距離の事を表しており、『1天文単位=1,500億メートル』なんだとか。

記号では『”a u”』になります。

 

つまり地球からウィルタネン彗星との距離が1,170万kmの距離にまで近づくんですが、この距離まで近付くのが観測史上で最も近い距離まで接近するんですね!

 

星の明るさを表す単位である『等級』では、発見した時に”16等級“でしたが、12月16日には”3等級”の明るさで観測できるので、肉眼でも見えるレベルなんだとか!

等級は低い数字の方が明るい。

 

また、今回は『ふたご座流星群』との同時天体ショーが見れるかもしれないので、一生に一度の機会になるでしょう。

 

スポンサーリンク

ウィルタネン彗星の観測方法は?どこを見ればいい?

ウィルタネン彗星 地球最接近

出典元;http://www5c.biglobe.ne.jp/~starlit/wirtanen2018.htm

 

12月16日の午後6時頃には、東の空の高度約34度の位置から、午後10時にかけて南中、から西へ移動していきます。

 

おうし座の『アルデバラン0.9等級』が、明るく観測しやすいので、目印にしてから少し右上を見るようなイメージですね!

 

是非観測する際は、辺りが暗い場所を選んでくださいね。

 

すると、肉眼でも確認する事が可能になります。

 

ふたご座流星群とのコラボも!

3大流星群の1つ、『ふたご座流星群』は毎年安定して多くの流れ星がみれるので、毎年楽しみにしている方も多いです。

 

2018年のふたご座流星群の出現期間が12月13日~12月20日ほどで、12月14日21頃に『極大』を迎えると予想されています。

極大とは、流星群自体の最も活発になる時期のことです。

 

また、明るい流星のピークが全体のピークより半日遅れるため、14日の夜は1時間で80個程度の発見が出来るかもしれない好条件です。

 

12月20日まではふたご座流星群を観測出来るので、12月16日に最接近する『ウィルタネン彗星』を観察しながら、星空に流星が現れるなど、更にレアでロマンチックな演出を楽しめるかもしれません。

スポンサーリンク

ウィルタネン彗星の最接近について口コミ・感想

同窓会 行きたくない 独身 行かない派

スポンサーリンク

ウィルタネン彗星の地球最接近のまとめ

同窓会 行きたくない 独身 行かない派

今回は『ウィルタネン彗星(ワータネン彗星)』の地球最接近についてご紹介していきました。

 

1948年に発見された歴史ある彗星ですが、2018年12月16日の接近は、地球から見るのは過去最高の好条件。

 

しかもふたご座流星群と重なるため、両方を同時にみれるコラボ天体ショーもワクワクしてきます。

 

天気に左右されがちな天体観測なので、是非雲一つない空を当日は期待しましょう!

 

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『全ての物事に興味を持つ』をモットーに為になる情報を発信しているコピーライターです。アニメや映画・ゲームからモータースポーツにも興味があり、全てのジャンルで奥深さを痛感しています。そして皆さんと共有する事が喜びの1つでもあるので、より積極的に活動を広げていきたいです。